NPO法人 サンシャインフォーラムくまもと

プレイサポートハウス

プレイサポートハウスとは

子どもたちは、家から一歩外に跳び出すと、四季の自然や人のやさしさ、そして遊ぶ楽しさ、学ぶおもしろさなどをたくさん体験することができます。自然の中の樹木と同じように、地域の人々も子どもたちを見守ってくれています。 春にこぶしが「白い花」で子どもたちの成長を喜び、夏にクヌギが「大きなみどりの葉」で砂場に涼しい木陰を作ってくれ、秋に子どもたちの瞳のように大きくまるいどんぐりを落とし、葉っぱをすこし残した冬でも木登り「ツリークライミング」で遊ばせてくれるように・・・。

遊びの中に子どもの社会がある

クールな大人になるよりも、どろんこまみれの顔のこどもになれるようにと願っています。